【ケンブリッジ英検FCE】Speaking対策ーPart2を攻略しよう(基礎編)

ではPart2について学習を進めていきましょう。

Part2ではまず自分とパートナーがそれぞれ2枚の写真の比較を1分間行います。その後、自分とパートナーがそれに関する質問を1つずつされます。自分が写真の比較した場合はパートナーが、パートナーが比較した場合は自分がそれに関する質問をされます。

Part2は計4分から5分ほどかかります。以下が内訳です。

  1. Candidate A’s comparison + question: 1 minute
  2. Candidate B’s follow-up question: 30 seconds
  3. Candidate B’s comparison + question: 1 minute
  4. Candidate A’s follow-up question: 30 seconds

ではまず比較するときのテンプレートを見てみましょう。
流れとしては
introduction→similaritiesとdifference→questionについての回答となります

では実際に問題を解いていきましょう。

以下の写真が渡されたとします。

まず始めに2つの写真がどういうものかを述べたいと思うので使うのは
Both pictures show (that)にしましょう。では簡単に
Both pictures show people who are getting a help. The first one show a football player who may be being injured and a supporting member who is helping him, while the second picture show an Asian tourist who may be lost and asking the police where she is.としてみましょう。
では解答は?
Both of these pictures show people getting some help; the first one shows a football player who seems to be injured and the second one is an Asian tourist getting help from a policeman.
より短く簡潔に説明されていますね。ここではいわゆる「助け」についての問いなのでそこだけに言及すればよかったのかもしれないですね。あとthe policeは警察でした。a policeman ですね。そしてpeople getting some helpやwho seems to be Vは重要語句なので覚えていて損はないです。

次にsimilaritiesとdifferenceについて述べます。では
Although there are persons who are getting some help in both pictures, the situation is different. In the first picture, the football player is getting injured and a supporting member is helping, while in the second picture, an Asian tourist who seems to be lost and asking a policeman where she is.と1段落目をこちらに持ってくる形にしてみました。
では解答を見てみましょう。
Although both situations involve someone helping a person, they are very different. In the first one, the football player needs help because he’s had an injury and, probably, he can’t walk properly. On the other hand, in the second picture, the tourist is probably asking for directions because he might be lost. Also, the footballer is likely to be in pain, while the tourist may only be a little nervous.
解答の中のinvolve someone helping a personと「助ける側」を主語にしています。上手く同じ表現をさけていますね。さらに状況の違いを深刻さでわけています。

では最後の段落に進みましょう。では
With regard to the questiojn, from my point of view, the former is more serious than the latter because this football player is likely to pain, but this tourist is just being lost.
さっきの解答をすこし引用してみました

解答例では?
As for how important it is to help these people, I’d say it’s important in both situations. However, I strongly believe that the footballer needs more help than the tourist, as his situation is obviously more serious.
ここでは質問をthe questionでなくそのまま引用していますね。
さらに初心者が陥りがちなI thinkばかり使うことを避け、I would sayを使っているのが流石です。この表現を知っていればとても便利ですし、I thinkの代わりとなるのでぜひう使ってみましょう。僕の回答ではfrom my point of viewにしましたがこちらのようにI strongly believe thatも使うことが出来ますね。ちなみにstrongly believeの反対はhardly believeです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です